Paris視察 SDC編③

続きましては地上階ブースです。

1階とはことなりこちらはBEAN to BARのタブレットチョコレートのブースばかりです。

 

日本のブースからは明治とGREENが出店していました。

小規模なブースは国別でまとめられています。コロンビアブースでは私もお世話になっているカカオハンターが出店していましたが小方さんは多忙なため店頭には立っていませんでした。

1階同様、地上階でも各店舗試食しています。

 

 

 

 

 

色々試食して美味しくて購入した店舗です。

まずはマダガスカル産のカカオを使ったATELIER Cのタブレットです。

70%のビターチョコレートと45%のミルクチョコレートを購入しました。

ビターにいたっては85gで14€とこれまた結構な値段です。その価格の価値は十分にありますけど。

 

 

写真上部はBEAN to BARでは珍しく中国のブランドALLUVIAです。

カカオの産地はベトナムですがコンチングがしっかりとされていないからか食べた感じ、滑らかさはなくザラ付きがあります。中国ではこのクオリティかと思うとまだまだ中国ではチョコレートの産業に伸びしろを感じます。大手のメーカーも中国進出に力を入れているのがわかります。

 

写真下部はフィリピンのブランドAUROです。

試食して衝撃的でした。かなりレベルが高いです。このまま日本で展開しても十分に戦っていけるクオリティです。シンプルなタブレットもありコーヒー豆をアクセントに加えたタブレットもこれまた美味しい。今回のSDCで一番の衝撃だったかもしれません。

 

 

SDC視察いかがでしたでしょうか?

購入してまだ食べていないものも多いので別途紹介させていただきます。

SDC後のPARIS視察もまだありますので引き続きお楽しみ下さい。